46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

甥っ子にYouTube配信のことをバラそうか?バラさないか?のハナシ〈mata.〉

先日、妹に「毎日何してるの?」と聞かれ、YouTubeでゲーム実況の動画を配信していることを明かしました。

架空ファイプロ団体wMw - YouTube

現在休止中ではあるものの、完全に閉じたわけではなく、今でも少ないながらも視聴してくれる人がいることを、簡単に説明しました。

が、妹はネット関係に疎いので、そのときは「ふ~ん」くらいの反応でした。

しかし、興味津々なお年頃の甥っ子は違い、母親(自分からは妹)からその話を聞いて、電話で矢継ぎ早に質問してきました。

「おじちゃんYouTubeやってんの?」

「なんていうチャンネル?」

「顔出ししてんの?」

「Vチューバー?」

「実況はほんまの声?」

「チャンネル登録者はどれくらい?」

「何のゲームを実況してるん?」

しかし、そう聞かれた自分はたじろぎ、質問をのらりくらりとかわし、逃げました。

そして電話を切った後、自問自答することになります。

「なぜ逃げた?」

「恥ずかしかった?」

「しかしそれは応援してくれた方々に失礼に当たるのでは?」

「堂々と胸を張って「凄いやろ!」って言えば?」

「というか若者が興味を失うのはあっという間よ?」

「満を持したつもりで言ったら「へぇ~」で終わるかもよ?」

「電話の後ろで母親(妹)も残念がっていたから親公認」

「というかYouTubeで『ニシオカ』と検索したらバレるよ?(たぶん)」

「だったら先にバラした方がよくない?」

 

というわけで、今度、マスクド・ニシオカとして甥っ子と会って、全て話します。

オイ!待ってろよ!コノヤロー!

 

でわ、股!!