46歳で退職してブロガーになってみた

働けおっさんブロガー

26年勤めた仕事を無計画に辞めたおっさんの生き様を綴る

スポンサーリンク

何でも口にするおじさんを見てブログをやめようかと思ったハナシ〈mata.〉

先日、嫁さんと買い物に出かけました。

買い物の目的地は薬局でしたが、薬局の近くの百均ショップが改築して大きくなったと聞いていたので、ついでに百均にも行きました。

その百均は建物の2階にあり、それまではフロアの一部で営業していましたが、よほど儲かっているのか、改築してフロアのほとんどを占めるほどに大きくなり、当然商品も増えました。

それを見て、「大きくなったなぁ~」とか「あ、ここは服屋さんだったのに」とか「どこまでが百均かわからんなぁ~」など、誰でも思いつきそうなことを思いましたが、誰でも思いそうなことなので、口にはしませんでした。

 

しばらく店内をウロウロしていると、そこにひとりのおじさんが現れました。

そのおじさんも自分と同じように改築後初みたいで、店内をキョロキョロ見回して、その顔には「驚き」と書いています。

しかし自分と違ったのは、そのおじさんが思ったことを、割と大きな声で喋り出したことでした。

「大きくなったぁ~」

「あ、ここは服屋さんだったのに」

「どこまでが百均かわからんなぁ~」

自分と全く同じことを思っていることに苦笑しながら、結局は何も買わずに百均を後にしました。

 

その帰り道、何でも口にするおじさんのことを考えながら歩きました。

「あのおじさんは、なんで思ったことを口にするんだろう?」

「思うのは自由だけど、口にしたら責任が生まれるのに・・・」

「誰かに聞いてほしいから?」

「相手をしてほしいから?」

「なんでだろう?」

「なんでだろう?」

そんなことを考えながら、玄関の扉を開けて、PCの前に座ったとき、気付きました。

 

「ブログを書いてる自分も同じやん!」

 

思ったことを口にはせずとも、こうやって全世界の誰もが見れる形で発信している時点で何でも口にするおじさんと同じなわけで、それを「なんでだろう?」と思う自分が恥ずかしいというか自己嫌悪というか、ブログをやめようか・・・と思いました。

 

もちろん思っただけで、やめませんが。

 

ただ、気をつけます。

 

でわ、股!!